採用情報サイト

エントリー

インタビュー 地質調査 K.Y

現場でのコミュニケーションが成長に繋がる。

出身学部
工学資源学部 地球資源学科
入社年度
平成28年度(入社2年目時点)
名前
K.Y
区分
地質調査
所属部署
地圏環境事業部 地圏評価部
Q1:「担当している仕事」と「どんなことが出来るようになったか」について教えてください。

私は現場での地質観察業務を主にやってきました。入社してから担当した仕事は、地質資料の整理などの事務的な仕事から始まり、水文観測、そして建屋建設のための掘削底盤観察・解析をしました。現在は道路建設に伴う岩盤の硬軟判定業務を行っております。これらの仕事を担当して、水文観測の手法や業務において必要となる地質観察技術についてなど幅広い知識を身につけることができ、その知識を生かして幅広い分野での作業ができるようになりました。また、業務を行っていくうえで施主との会話をすることが多く、自分から提案をすることが必要となります。そうしたこともあって、自分から意見を積極的にすることができるようになりました。


Q2:仕事で心に残るエピソードを教えてください。

地質観察業務を行っているときに、工事現場の作業員の人から、「ここの地質はどんな感じなの?大丈夫なの?」「どんなものを見ているんだ?」というような質問をよくされました。私は人に物事を教えることが好きであり、いろいろ地質に関する知識を教えてあげました。このようなことをきっかけとして現場の人とコミュニケーションをとることができ、逆に質問したりして、いままで知らなかった土木現場の知識を得ることができました。


Q3:ダイヤの社風を教えてください。

上司、先輩ともに優しく、相談もしやすい環境であると思います。また、若手にも進んで現場作業を行わせてくれます。


Q4:今後の目標と実現したい夢を教えてください。

今後の目標は、地質技術者としての基礎をしっかりと身に着け、技術士(応用理学)を取得することです。また、今はまだ経験が浅いため、業務を私ひとりの力でやり遂げることはできていませんが、今後もさらに精進し、自分の力で業務を遂行できるようになりたいと思っております。


Q5:オフの過ごし方を教えてください。

私の休日の過ごし方は、出張が多い仕事柄、出張先でそこの特産品を食べに行ったり、観光名所の散策をしています。

One day 一日のスケジュール

6:30 起床
7:30 通勤
宿から車で約15分ほどで事務所に着きます。
8:00 始業(ラジオ体操・KY)
ラジオ体操後、作業前のKY、作業員の体調を確認する。
8:15 現場作業
底盤観察準備・底盤清掃・底盤観察など
12:00 お昼休み
現場事務所でコンビニ弁当を食べる。
13:00 現場作業
午前の作業の続きを行う。
17:00 作業終了・日報作成
事務所全員の作業内容・動静確認を行う
17:15 作業日報の提出・打ち合わせ
調査状況、工程等について顧客担当者と打ち合わせ。
19:30 今日の作業のとりまとめ、明日の準備
スケッチの清書、トレース、まとめ作業を行う。