採用情報サイト

エントリー

インタビュー 地質調査 F.O

多様な技術者からのサポートが当社の強み。

出身学部
工学資源学部 地球資源学科
入社年度
平成28年度(入社2年目時点)
名前
F.O
区分
地質調査
所属部署
北海道支社 地盤技術部
Q1:「担当している仕事」と「どんなことが出来るようになったか」について教えてください。

私の仕事は、主にフィールドワークです。具体的には、ボーリング調査現場の安全衛生管理やボーリングコアの観察、その他にも地表踏査、一般道路の防災点検などを行っています。特に近年は、北海道新幹線建設に係る地質調査の仕事に従事しており、北海道の広大さや仕事の重大さを日々感じながら、外を走り回っています。また、私のような仕事は必然的に会社にいる時間も短く、自然が好きな人にとっては解放的でストレスも溜まりにくいと思います。私は、まだまだ経験が乏しく現場では学ぶことばかりですが、それでも少しずつ一人で現場を円滑に回すことができるようになってきました。一人でこなせる仕事が増えることは、自身の成長を感じれるよい目安となっています。


Q2:仕事で心に残るエピソードを教えてください。

まだ若いのにしっかりしてるね、と言われとても嬉しかったのを覚えています。私は、言葉遣いや礼節を仕事の中では特に心がけています。なぜなら、仕事ではいろんな人にお世話になりますし、様々な立場の方がいらっしゃるからです。特に私のような現場仕事の場合は、書面にはない生の表情や感情、声色が伴うため、言葉遣いや礼節をわきまえないと人間関係が悪化してしまいます。仕事上、相手に注意・指摘しなければならない場面においても、感情的ではないか、一方的な伝え方になってないかなど注意を払います。そういった小さな言葉づかいなどの積み重ねを褒めてもらえたんだと実感した瞬間でした。


Q3:ダイヤの社風を教えてください。

私が考えるダイヤの社風は、ベテラン技術者のサポートが手厚いことだと思います。このサポートは、私に限らず部署を超えても行われ、柔軟かつ的確なため困ったときにはたいへん助かります。また、個性的な技術者も多く、これぞ真のコンサルタントといったところではないでしょうか。


Q4:今後の目標と実現したい夢を教えてください。

私の今後の目標は、まずは仕事上で必要な”技術士”と呼ばれる資格をとることです。この資格には多くの知識と経験、適性が必要であり、かけ出しの私には容易ではありませんが、いずれはこの資格をとり多くの人に愛される技術者をめざして社会へ貢献していけたらと思っています。


Q5:オフの過ごし方を教えてください。

休日は、主にショッピングや旅行をして過ごしています。桜や紅葉の季節には、趣味のカメラをもちだして、街や山、河辺を散策して気分をリフレッシュしています。特に出張中であれば、周辺の観光名所をまわったり、おいしいものを食べ歩いています。出張先での楽しみはこの業界の醍醐味でもあります。

One day 一日のスケジュール

7:45 元方事業者の現場事務所にて朝礼
朝礼を行い、本日の作業内容・危険な点を確認する。
8:00 ボーリング調査の現場管理
ボーリング業者の安全衛生を管理し、現場の円滑化を図る。
11:45 打合せ
本日の進捗状況報告と翌日の作業内容の確認。
12:00 昼休み
調査地は自然が多いため、食べる弁当もおいしい。
13:00 ボーリング調査の現場管理
ボーリングコアの観察・記載し、調査状況を把握する。
17:00 現場の片づけ・撤収
現場資材等を片づけ・進捗を確認し、現場を離れる。
17:30 元方事業者の現場事務所へ報告
作業員全員が無事に現場から離れたことを報告。
18:00 帰社
上司へ本日の報告・連絡・相談。明日の準備。