採用情報サイト

エントリー

インタビュー 地質調査 T.I

頼られる卓越した地質技術者を目指す。

出身学部
環境情報学府 環境生命学専攻
入社年度
平成28年度(入社2年目時点)
名前
T.I
区分
地質調査
所属部署
関東支社 地盤技術部
Q1:「担当している仕事」と「どんなことが出来るようになったか」について教えてください。

私が所属する部署では、主に岩盤を対象とした地質・地下水調査、斜面防災・地すべり関連業務などを行っています。その中で私が主に担当している仕事は、ボーリング調査です。ボーリング調査は、地下の地質構造を把握するために行うもの、地盤の強度を把握するために行うもの、地すべり地域の地すべり面を推定するために行うものなどがあり、各業務によってその調査内容・目的も様々なものがあります。このボーリング調査では現場管理や掘削されたボーリングコアの観察、調査によって得られたデータの解析作業までを行います。この調査を行っていく中で、ボーリングコアの観察手法や、解析手法などを少しずつ習得しています。


Q2:仕事で苦労したことは何ですか?

この仕事をやっていると、期限がとても大事になってきます。時には、調査をしてすぐに結果報告をしないといけない時もあります。その際に、今ある手持ちのデータからどこまで言えるのか、結果として何が言えるのかなどを限られた時間の中で最大限、相手側に伝わるように上手くまとめないといけません。その部分が難しい所だと感じています。また、現場作業では、予定通りに業務が進むことの方が少ないです。天候によって予定変更になったり、予想外のものが掘削中に出てきたりなど、色々な要因が絡まって日々変わっていく工程に対して臨機応変に対応していくことの難しさを日々実感しています。


Q3:ダイヤの特徴(良い点、悪い点、魅力、強み)を教えてください。

何と言っても地質に関する業務に携われる機会が多いことだと思います。色々な現場で様々な地質に触れることができ、普段の生活では味わうことのできないとても貴重な体験ができます。また、多種多様な分野の専門家の方たちが多くいらっしゃるので、分からないことに関してはすぐに質問できる環境が整っています。


Q4:今後の目標と実現したい夢を教えてください。

一概に地質調査といっても、まったく同じ業務というものは無く、業務を通じて日々新たな知識と経験を習得しています。いずれは一つの分野に捉われることなく技術の引き出しを多くすることで、どのような依頼に対してもベストな提案ができるような、誰からも頼ってもらえる”地質技術者”になりたいと思います。


Q5:オフの過ごし方を教えてください。

休みの日は、会社のサークル活動としてハーフマラソンへ参加したり、山登りをしたり、釣りをしたりと、外出をすることが多いです。また、たまに大学の研究室へ顔を出し後輩の野外調査の手伝いをしたりもしています。会社の方たちは趣味が充実している方が多く、私も趣味の幅をもっと広げていこうと思います。

One day 一日のスケジュール

8:00 ボーリング現場へ直行
ボーリング班と一日の作業工程を確認する
8:30 ボーリングコアの観察
コアを観察し、岩相変化や詳細な特徴について記載する
12:00 昼食
現場近くの定食屋で昼食
15:00 打合せ
発注者と調査の進捗状況や調査結果について協議
17:30 帰宅
本日の進捗状況を発注者へ報告し、データを整理した後に帰宅