採用情報サイト

エントリー

インタビュー 地質調査 T.M

過去をひも解く充実感。

出身学部
理学部 地球圏システム科学科
入社年度
平成28年度(入社2年目時点)
名前
T.M
区分
地質調査
所属部署
中部支社 能越調査事務所
Q1:「担当している仕事」と「どんなことが出来るようになったか」について教えてください。

基本的には活断層調査を行っています。活断層の調査では主にトレンチ調査や表土剥ぎを行います。トレンチ、表土剥ぎの掘削中は現場管理を行います。掘削後は露頭のスケッチ、サンプリング、火山灰分析等を行います。新入社員時には露頭を見てもわからない、見えないものも多いかったのですが、長い時間、スケッチで露頭と向き合うことで堆積構造、変形構造や形成過程が少し見えるようになりました。地質現象は今だけの情報で過去の地史を解明しなければなりません。今ある情報に真摯に向き合い長い時間をかけることで見えてくることがあることを日々実感しています。


Q2:仕事で心に残るエピソードを教えてください。

新入社員の時に山梨県に活断層のトレンチ調査で出張したときの話です。自他ともに認める厳しい上司の下で1か月間仕事をしました。その上司は大変厳しかったですが、本当に私のことを心配していただき社会経験の無い私に仕事の仕方や礼儀を懇切丁寧に教えて頂きました。一月の仕事終える最終日に頑張ったご褒美なのか上司愛用の調査に使うねじり鎌を頂きました。私はそのねじり鎌が宝物で、今でも大切にしています。そして大事にしすぎてまだ使っていません。ですがそのねじり鎌を見るたびにその上司に様な技術者になろうと頑張ることができます。


Q3:ダイヤの社風を教えてください。

基本的には優しい上司が多いです。そのため意見や考えを伝えやすく、若い社員でも自発的に仕事に取り組んでいるように思えます。


Q4:今後の目標と実現したい夢を教えてください。

活断層業務だけではなく地質コンサルタントの技術者として多様な現場で活躍できる技術者になりたいです。そのためにはまず今の活断層業務で地質の理解を深めることが大事だと思っています。あと、なるべく早くに技術士を取りたいです。


Q5:オフの過ごし方を教えてください。

地域でのフットサルサークルに所属しており、週一回の練習と月一回の試合にでています。フットサルサークルのない日は主に映画観賞をしてだらだらすごしたり、時々妻と出かけたりしています。

One day 一日のスケジュール

8:00 現場事務所に出社
朝礼を行い当日の作業確認を行う。
8:30 現場作業
掘削中は現場管理、掘削後はスケッチ等の現場作業を行う。
11:30 昼礼
調査状況、工程等について協力会社の担当者と打ち合わせ。
12:00 昼食
現場事務所で弁当を食べる。
13:00 現場作業
掘削中は現場管理、掘削後はスケッチ等の現場作業を行う。
18:00 退社
本日の作業の進捗状況確認し顧客、上司に報告。