採用情報サイト

エントリー

インタビュー 地質調査 C.A

成長の実感と共に任せてもらえる喜び。

出身学部
理工学研究科 地球環境科学専攻
入社年度
平成28年度(入社2年目時点)
名前
C.A
区分
地質調査
所属部署
九州支社 地盤技術部
Q1:「担当している仕事」と「どんなことが出来るようになったか」について教えてください。

入社2年目ということもあり、水文調査業務・地すべり調査業務・ボーリング調査業務・道路防災点検業務等様々な現場に参加していますが、その中でも水門調査業務や地すべり観測業務を主に担当しております。初めのころは専門用語や観測方法等わからないことばかりでしたが、少しずつ出来ることも増え、今では月報の作成や毎月の観測現場管理等任せてもらえる仕事も増えてきています。また、この仕事は現場でいかに必要な情報を集めてこられるかが重要です。先輩・上司の方々から現場で直接指導して頂くことで、現場での着目点等も少しずつわかるようになってきました。


Q2:仕事でやりがいを感じたことは何ですか?

地質コンサルタントの仕事は、主に土木工事の初期段階に位置しており、その調査結果を反映して「設計」「施工」へと進んでいきます。調査の段階で問題が発生すれば「設計」「施工」、ひいては施工個所の地域住民にも影響が及びます。問題の原因を探り、解決・克服へと導く過程は様々な要因を考慮していかなければならない難しいものです。責任も重く、重要な役割を担っていますが、問題解決時の達成感はとても大きく、地域や社会に貢献していると感じられることにやりがいを感じています。


Q3:職場の雰囲気を教えてください。

職場には様々な年代の方がいらっしゃいますが、部・課を問わず皆さんフレンドリーでアットホームな職場です。そのため、わからないことがあっても質問しやすく、親身な指導をしてくださいます。週末には職場の皆さんと飲み会に行ったりもしています。


Q4:今後の目標と実現したい夢を教えてください。

私はまだ入社2年目ということもあり、様々な業務に参加することで業務ごとの特性や留意点、専門的な知識を学ばせて頂いてる段階ですが、少しでも早く一つの業務を最初から最後まで任せられるような技術者になりたいと考えております。


Q5:オフの過ごし方を教えてください。

基本的に掃除や洗濯、買い出しといった家事全般に1日、残りの1日は読書や映画鑑賞など屋内でのんびりと過ごしています。連休等まとまった休みがとれた際には旅行に行くことが多く、最近は地質100選めぐりを行っており、九州を中心に全国各地の地質を見て回っています。

One day 一日のスケジュール

9:00 出社
1日の作業内容・作業予定を確認する。
9:30 現場へ移動
現場へ移動。
10:00 現場作業
防災点検業務の現場作業。
12:30 昼食
現場近くの定食屋で昼食。
13:00 現場作業
防災点検業務の現場作業。
17:30 帰社
現場作業内容を上司に報告する。
18:00 退社
明日の作業確認・作業準備をして退社。