採用情報サイト

エントリー

信頼関係が安全な現場管理に繋がる。

出身学部
工学部 環境建設工学科
入社年度
平成29年度(入社2年目時点)
名前
R.S
区分
土質調査
所属部署
東北支社 地盤技術部
Q1:「担当している仕事」と「どんなことが出来るようになったか」について教えてください。

私は、現在工事が行われている建設現場における敷地の土質構造を明らかにし、土質の分布及び各土質の液状化検討をする業務に携わっております。主に、調査ボーリングの現場管理、室内試験データの取りまとめを担当しています。私の学生時代は、土質力学を専攻しておりましたが、実際の業務ではわからないことも多く、上司の指示のもと業務を遂行している状況です。現場作業をしていると、安全に仕事を行うということが最優先されるため、安全管理には特に気を付けて作業を行うようにしています。協力会社の方と交流しながら、現場を安全かつ迅速に進めることができるようになってきたのではと思います。


Q2:仕事で心に残るエピソードを教えてください。

ボーリング孔を利用して、対象土質のサンプリングをすることを行いました。一様にサンプリングといってもその対象の土質の性質、状態によってサンプリングの方法を変えたり、使用する資材を検討したりと、ボーリング屋さんと一緒になって考えることで、自らの勉強にもなり、ボーリング屋さんとの信頼関係構築にも繋がることになりいい経験になりました。


Q3:ダイヤの社風を教えてください。

各分野に専門知識を持つ職員が多いので、幅広い知識で偏りのない意見交換のできる会社です。現場ではたくさんの人との関係性を持つこととなるので、知識、社交性ともに成長できる環境になっております。


Q4:今後の目標と実現したい夢を教えてください。

技術者としてまだまだ未熟なので、より多くの現場に携わり、現場で得た知識を確実に身につけ、お客さんや協力会社の方々に、信頼される技術者として活躍していきたいです。


Q5:オフの過ごし方を教えてください。

連休が取れるときは、アウトドアが好きなのでキャンプを行います。自然を満喫し、リフレッシュすることで、月曜日からの仕事も新たな気持ちで取り組むことができます。

One day 一日のスケジュール

8:00 現場事務所へ出社
朝礼を行い、本日の作業予定を確認する。
10:00 現場管理
ボーリング調査の現場管理。
12:00 昼食
現場事務所で仕出し弁当を食べる。
13:00 打合せ
本日の進捗状況と、明日の作業について打合せ。
14:00 現場管理
ボーリング調査の現場管理。
20:00 事務作業
本日の作業の結果をまとめ、顧客に提出し退社。